FC2ブログ





ピーチムースがあなたをとろける世界に案内します。身も心も解放して下さい~本能のままにとき放って   あなたの望むことが・・ピーチの望むことです。 さぁ一緒にあそこへここへ来て来てネッ



プロフィール

ピーチムース

Author:ピーチムース
壁|≡ヾ(*゚▽゚)ノ ハロー♪ 逢えて嬉しいなぁ~
  いろんな私がいるよ、見つけて探して触れて欲しいから。この出会いから変わればいい。。。
  ホントに必要なのはあなただけだから・・・
 お願い来て探して一緒に○○○して



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

エログサーチ!



フリーエリア

BBS7.COM
MENURNDNEXT



♪人気サイト♪

カリビアンコム  カリビアンコムプレミアム 桃禁 ヤフーマガジンやスパで紹介されてます無料のサンプル動画をダウンロード下さい~♪  いろんな形のエッチにときめいて見てね★



おしゃべりの入り口

A-cam   ガールズオンエアー       FABBY



リンクフリー

いつも傍にいたいから 覗いてね私の・・・ だからリンクして♪



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人はだぁ~ん

 夜 寝るときのベッドの冷たさが嫌だぁ。。凄く そんな時に

あたたかくなりたいのなら それは 速効 抱き合えば問題解決

 なんて すぐに そんな相手がいればいいけど でもなぁ

   気持ちがないと 暖かくならないようなぁ気がする

 一時暖かくなっても 終わった後の心の冷え込みは

 寒くてベットに一人で入った以上に 寒いはなぜかなぁ

  心に嘘をついて・・なんか 駄目だもんね やっぱり

心も体も温めて欲しい 誰か居ないかなぁキョロキョロ



口説き文句


 最近聞かれない言葉だけど・・たまには 私も口説かれるらしい

(*´ェ`*)ポッ嬉しい限りだなぁ 言葉で伝えるのって難しい

 だけど 口説き文句だけは 想像でいくらでも膨らむようだぁ

 受け取る側の 心持ち一つで 嬉しかったり 受け流してスルー

   同じ人に口説かれても 毎回答えが違ってるかも

 今日も私なら OKで明日のことは判らないが正しいのかな

   自分の気持ちも知らないのだから 上手く答えられない

 後は やっぱり 流れのままに欲しいならあげようかなぁ

   なんてね 凄くいい加減な私であった・・

暇だなぁ


 この頃 暇だなぁ・・・時間をもてあますのは嫌い

いつも 忙しく気持ちもフラフラしてるのが好き なのかな

 平常心のまま 今日も過ぎていきそうなの・・・

 まだ これから時間はたっぷりあるのに なんかさぁ

    誰かあそんでくれないかぁ~っと 

腕枕

 
 一晩中の腕枕に 愛情を感じるのは 私だけでしょうか

同じ体勢だから 多分疲れちゃうんじゃないのかなぁ 平気かなぁ

 腕枕って言っても 枕と私の首の間に入れるから 少しの

自由はあるんだけどね その分 少しは楽かなぁ どうなんだろう

 私的には う~~ん この腕一晩中はきついかもなんてね

  しがみつかれたら寝ずらいよぉ~ヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダヤダ

ゆっくり寝たいもんね にゃははは 現実的ですハイ

  今日は一人で寝せてね ダーリン(*´ェ`*)ポッ

喉の渇き
 

いつものように抱き締めて そう後ろから強く そうじゃないと

  あなたの息づかいのなかで 私の呼吸が乱れて

乱れたままの私をあなたが 更にかき乱す 二人じゃなきゃ

 貴方じゃなきゃ 強弱の手の動き 首筋を這う舌の動きに

そのまま翻弄されていく 首筋から後ろ髪も舐められて

 唾液で濡れた髪が首筋に触るたびに その感触に酔ってしまう

  喉の渇きは あなたの舌が滑り込むともっと

  貪欲に求めてしまう 沢山欲しいもっと欲しいと

  この渇きが癒えることはあるのかなぁ 喉の渇きが癒えても

 身体全部が貴方を欲しがって 止まらないのずっと

  だから 今日も待ってるよ ここでライブチャットで


フラッシュバック


 凄く恥ずかしいけど 急に思い出して動けなくなっちゃうこと

あるんだよねぇ 最後までしてくれない 最後まで時間がない

 中途半端なまま別れたとき 次に会えるまでの時間が短いのなら

我慢だけど 次がいつなのか先が見えないとき 身体の奥が熱い

 単なる欲求不満かしら それとも これって相手の思うつぼ?

別れ方って重要なんだよねぇ 最後に軽いキスで優しくクールダウン

 それなら 徐々に熱が下がるけど それがさぁ ソファーで

 着替えも終わってるのに スカートの下から膝。太股・その奥って

手を徐々にまた 3回もした後の余韻でひくひくしてるのに

  このまま4回目にいくのかなぁって 期待してるのに

時間なんか いくらでもあるのに そのまま手を止められたぁ

 止められた手がいつも どんなときにも蘇ってくる

あれからどのくらいの時間がたっても その手の先の動きが欲しくて

  もどかしいフラッシュバックのなかで悶える自分がいる

自分の想像とリアルの狭間で 快感が更に押し寄せてくる

 


お望みのままに


 どこまでも連れて行って ずっと 遠くに誰もいないところに

居るのは二人だけで 生活のなかで削られていく愛情なんていらない
  
  切っても切れない絆を深めて どこまでも一緒に

 貴方となら 落ちていけそうだよ ついていける自分でいたい

 

手と指先

 手の動きで 快感の波がざわめく  身体もどこも触れられないで

手だけで 触られ続けたら 身体全部が欲しくて ジタバタ

 そんなことろに 手袋なんかされた日には 倒れそう

革の手袋で そこここを攻められちゃったら たまらなぁ~い

 不自由な感触 冷たかった革が自分の体温で熱くなる

乾いてた革が あそこで濡れて手と手袋がさらに一体感が増す

 ソフトに軽いタッチにも ずっしりと体重をかけられた

ねじ伏せられた触られ方に 自分の反応が怖いよぉ

  胸が波打つ 変形した胸 どこもかしこも自分じゃない

最後に手を口に持ってきて 快楽のお返しのその手を・・・

手を飲み込みたい あれのように そんなに舐めても手は

 立ちはしないし 液はでないけど それだけで感じちゃう

匂いの記憶


 離れた存在を傍に感じるときは そう。。あれなの ふと過ぎる匂い

勿論傍にいるはずのない人のなら 匂いだってするわけはないんだけど

 心が求めるとあるはずのない物まで 身近に感じちゃう

だからネッ(o´ Ⅰ`o)b 例えPCの向こうで 愛がはぐくまれても

 いいんじゃないかなぁ ライブチャしてて好きになって

そこに心はないのかっていったら そんなことないもん

  身体は離れてるけど 感じる心は自由だから 

 誰かに私の愛を受け止めて欲しいなぁ ほらここでここに居る
  


重ねた手

  
 私はいつ重ねた手を離してしまったんだろう あんなに離れない

ふりほどく事なんか決してないと信じてた そんなあの手を

  寒い夜は月がさらに 鋭く自分の胸にささる 

影が私を抱いてくれる 影しか私を抱いてはくれない この感覚

 二人で歩く夜空なら 月は暖かく 影は二人を支える傍観者

 暖かい手を求めて 寒い夜は どうしても外にでたくなる

   暖かな部屋では 自分の暖かさを自覚できないから

 外に出たとたんに 気が付く 今までも自分の手は温かく

   それだけで 満足することを忘れる

重ねた手がないのなら 自分で自分を温めようそれこそが強さだから

  不安なら求めてみよう 未知の部分にもあるはずの手

支えて癒してくれる手 何処かにあるべきの手を探して

  細く繋がれた先にあなたを求めて さぁ今日もがんばるかぁ

 そうそう・・残されたライブチャットのなかで微笑んでみる


何も言わない


 今日はねむ~~い だって 昨日って言うか今朝方 5時まで

サークルのチャットで がちゃりこがちゃりこ~~んてして

 話しの内容は勿論 18禁ばしばし 乱れ飛んでいました

っていうかぁ 私 ガンガン話し飛ばしていたかも しれません

  (o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ  色っぽく 臭く 汚く 飛ぶ話し

なんせ 大好きなもんですから^^ だから ライブチャットは

 生身の私そのもの 飾った私なんかじゃないよ よ~~~く

見て欲しいモンね 相手のとまどいさえも 美味しい会話のおつまみ

  オールの後にバイトだから 身体が最悪 頭はボけまくり

テンションだけがハイなので ミスの危険性大だったなぁ

   おとなしく ライブチャして ねようかなぁ~

誰かに おやすみして 優しく寝かせてもらうもんね~ん

チョコの食べ方


  う~~ん  誘惑のチョコが食べたいっていうか

食べ過ぎている現状なのであったこれからは 食べ方に工夫だね

 チョコケーキのクリームをあそこにたっぷり塗って
 
   お互いに口だけでいただきましょうかねぇ~
  
 最高のクリスマスの演出に 蝋燭に白い体にチョコケーキで・・・

   スイーツはこだわって体温で溶けるくらい

 甘やかなムースでとろとろがいいかなぁ まずは そうだなぁ

   多分 スイーツを身体に塗られた当たりから 感じちゃいそう
 

発情期


 今は発情期なのかもしれない 週に3回も4回もしても足りない

この感覚って  なんだろう  ほぼ 毎日のように しても

なんか 足りないんだよなぁ 毎回が 淡泊なせいなのかなぁ・・

  そうでもないと思うけど それとも 1日に3回から5回

そんな日で 隔日で してれば 満足するのかなぁ・・・

 それとも 相手が決まってくるからかなぁ・・・う~~ん

どうだろう ただの 発情期なのかなぁ なにかにつけ感じちゃう

 すぐ  そっちに いっちゃうんだよなぁ 会話が動作がぁ・・

 足先で 相手の顔をなぞるのは日常茶飯事な私 相手も

それに喜ぶ反応する  そのまま あっちにいっちゃう

 今日もまた敏感になってる身体をもてあます またしちゃうのかも

   いつになったら 発情期過ぎるんだろう 相手を変えてみるか

Fring


気持ちよさって 地に足が着かない感じかなぁ それと

浮ついた感じに 触られてるのに 自分のなかに全部とけ込んで

 一体になる感じは 気持ちよさの最高の瞬間かもしれない

だから 早く一体に絡み合って 解け合いたくて その先に

待ってるのが 快楽の波のなかだから そこに溺れ出すから

 最高の瞬間に 痙攣しちゃう 震えが止まらない感じ

それってパートナーと同化しないと あり得ないの

  または  相手は置いてけぼりにして 自分だけが

飛んでしまってる感じ だから お願い強く抱き締めてて

 どこかに いなくなってしまわないように 逃げられないように

スマイリーH


 たまたま ある人と話しをしていたら 私がたまにやっちゃう

スマイリーHはあり得ないらしい だって Hっていやらしくて

淫靡でムードがあって 笑いながらなんかしちゃいけません

だって ホントに 笑いながらしちゃうんだけどねぇ  ムードは

 色気は有りませんねぇ  それでも 気持ちよくなって

 液自体は でちゃうみたいですけど ほらぁ~あれ^^

笑うときの腹筋って 多分あそこに 良い刺激になるんじゃないかなぁ

 だから あそこはひくひくって ひくついて 男のおちんちんを

 やわやわと 締め付けて そこだけの感覚は笑い責めって感じ

かなぁ こんな あほなことしてるの 私だけかなぁ・・・

決して言葉責めではありません笑いのツボついてるわけでもありません

 例えば こんな会話 ”ほうこの寒いのに裸でやろうってかい

 それって 1千万年早いんだよ~~って・・・私”

でもって ””そんなにしたきゃこうだって””

 鼻の穴に足の指でも入れてやるって~ 言いながらやっちゃいます

それも パンツ半分脱がされ気味で 鼻に足の指入れる図

 されながら 相手笑ってます でもって そのままin

ってことで 3分 笑いながらしちゃうと 液がでちゃいます

 なもんだから 私 終わったとたんに背中ばしばし叩いて

 重いから さっさと降りてねって はぁ~ムードねぇ・・・・

   こりゃ マニアなHなのかなぁ それとも・・・なんでげしょ

この続きは ライブチャで実演交えながら ∃ □ =ノ 勹_〆(・・ )йё★

視覚の刺激


  男って 文字よりも映像 視覚からの刺激に弱いのかなぁ

そこは 謎だなぁ エロリン小説 読者って 女?男?

 女性週刊誌にも それっぽい 小説って あるけど 

わりと 具体的なのは 女性誌のほうかもしれない だって

 読者も 記事と自分をリンクさせて そこの表現違うとか

 いくときの 表現が おろそかだと 臨場感ないなぁとか

 厳しい 評論になるかもしれない なんせ 女のほうが

感じ方が慢性的いつまでも続く快楽 男のように一瞬じゃない

  そんな感じ方の違いが 彼氏とのHを小説の中にいくらでも

呼び起こされていくのかも しれない だから 女にこそ

 エロ小説は 必要だぁ 視覚からの刺激でいくらでもいっちゃいます

男は それだけじゃ 満足できないかも 映像と音これがなきゃね

 だから エロブログって 基本的には動画が主流なのかもね

そっかぁ ってことは ここお勧めしてる動画見て欲しいなぁ

ブラックの誘惑


ときめく色って ありますよねぇ 黒ブラック これはいっちゃいます

 どんな風にいっちゃうかなんて そりゃ そそられるでしょう

引き締まって見えること間違いなしだし  一年中着てたい

 身につけていたい色だなぁ  だから  下着もねぇ

特別なときには 身につけてみたい 肌の白さが浮きだって

 そこに ライトがブルーのライトや サイド照明 間接照明

     いろんな部屋で 観賞用として いいねぇ 

なんかぁ   想像だけで 逢いたくなっちゃう

  このまま 部屋のなんかじっとしていられない  だから

 見てて 見るだけ そのまま焦らしちゃう それこそが

  逢ったときのヒートアップが 嬉しい だからだから

 ここのライブチャットで  ガマン我慢だもん~~~


鎖骨の案内

 体の中で 言葉を発するところあるとすれば ここかもしれない

 囁いてます 言葉を 溜息を なぞられる指先から

溢れ出てくる 言葉 溢れる愛情に 震えながら 神経がざわめく

 全身の神経がそこに集中してしまったように 敏感に反応

 指と舌で そこを攻められたら 落ちてしまう この感覚

 同じように してあげたい 共感して欲しい これを

   骨フェチかなぁ そこのくぼみに 色気を感じる

ワイシャツをオープンにして 覗く鎖骨 う~~ん好きだなぁ

 そこが覗いたとたんに スイッチオンかなぁ 脱がせたくなる

 ベルトやチャックなんかじゃない ネクタイを早く

  そのまま ワイシャツをもどかしげに脱がせる この時間が

 好きかも これから もっと熔けていく自分がそこに写るから

   このまま上は裸で 下はズボンのまま そのままが

そこから そのままのスタイルから して欲しいもどかしげに

 愛おしげに 待てない感じが好き 焦らすのも好きだよ

   だから やっぱり 下はズボンのままでいてね

    鎖骨が 下を脱ぐことを 許さないから

アダルトな夜


 今日は気分を盛り上げて したいなぁ やりたい やられたい

そろそろ女の子ディーだからかなぁ いいや違うしなぁ

 タダ単に 欲求不満の固まりかな 恥ずかしい・・

 求めるときの私って 手の動きが違う気がする だって

相手の身体に 巻き付く手 求める手 離さない手う~~~ん

 このまま いいえぇ それ以上に激しく欲しいの

欲しくて 身体も 熱いし 冷めたり何かしないし そのまま

 熱い中に 熱い物を入れて欲しくて 何度も何度も求めちゃう

一日中 飽きもせず いくらでも 終わりなんか知らないよぉ

  あるのは 欲望の波に飲み込まれていく自分がそこに

ただ いるだけ ただそこに たたずんでいるだけ

  求める物がなければ 空を彷徨うだけの手だけだから

他に 代わる物なんか ないよぉ だから 埋めて欲しい望まれて

  望んだ結果に それが あればいいなぁ・・

      とろける ムースでした  溶かしてね


 

謎かもしれない


 なんかねぇ この頃テンション低い自分を感じちゃうんだよねぇ

なんでなのか 判らないんだけど それってさぁ 甘やかしてくれない

 誰も 甘やかしてくれないんだもん すねちゃおぉかなぁ

ここで 拗ねたって しかたないんだけどね それでも言いたぁ~い

 だってさぁ 言葉は単調なのに それなのにだよ

いきなり 逢いたいって あなたねぇ・・・気持ちがないと

 逢えないでしょう 興味を持たなきゃ 逢わないでしょう

 そりゃさぁ・・いつまでもチャットだけじゃ 飽きるのも

判るきもするけど そこまでのもっていきがさぁ う~~ん

 テンションあげてくれってさぁ そんな一人でしてたら オナじゃん
 
 そんなオナチャットなんか 付き合わないよぉ やっぱり

 例え 離れてても お互いの気持ちよくならなきゃさぁ

     上手に楽しいでよ 乗せてよ そしたらね

 多分 求める以上に 楽しませてあげるから よろしくね

     って 勿論 チャットに来てくれるあなたへ

フェザータッチ


 この触られ方 フェザータッチ それだけでとろけちゃう

心を許した相手なら 身体も解きほぐされているから

 無駄な力が入ってないから 神経もタッチされる手だけに

     集中できる タッチの具合 触るじゃ駄目

タッチなの ソフトに 神経を集中しなきゃできない反応

過敏な反応 過剰な反応 二人の間で あらたな親密さができてくる

 このタッチはあなたしか出来ない 手だけじゃない

爪でタッチ それも 爪の先だったり 爪の背だったり

 思い出しただけで とろけちゃう 想像してみて

   軽いタッチは快楽の扉を 大きく開け放つから

合間で耳でも 強く噛まれたら もうぅ奴隷になるしかないでしょう

 これって 私だけかなぁ 試してみて 相手の反応を

   要求してみて パートナーに翻弄されてみて

くびれ好き


 やっぱり 女の人なら くびれ お腹から腰のラインは大事だねぇ

抱かれたときの感触が くびれが大きい方が凄く感じる

 傲慢に強く抱きすくめられてら 意識が飛んじゃいそう

その時に くびれのラインがくっきりしないときは

 どうも フィット感が違うんだよねぇ

胸が 相手の胸に被さって その重みは 落差の分だけ重い

 重みのなかに 愛情感じちゃう 気持ちの重さも感じる

するりと かわすときも このくびれが 威力を発揮する

 抱かせない 抱かれない 意識はそのくびれに集中する

こうしてても 絡めテク巻き付くあなたの腕が恋しいなぁ ここに

湯煙に・・


 お風呂での行為がゆったりと 身体もこころも開放してくれて

好き 好き 好きなことの代表っていうくらいスキ

 湯船で後ろから抱きすくめられたら 申し分ない このままいて

っていいたくなる そのまま唇は 首筋をなで回し息を吹きかけ

手は胸の そっと 添えられて ああぁ・・動かさないで

 動かしてしまったら このままがそのままが いいの・・・

どこまでも 熔けちゃいそう いたずらされているうちに・・・

 相手の反応も敏感に感じる このまま先に進みたくなる

     窮屈な湯船だから 煩わしい手順なんかいらない

このまま快楽のたおやかさを私に与えて欲しい すぐに

 辞めることの出来ない 落ちていく感覚がここにある

何度も求めちゃう 何度もいってします 汗なのか湯気なのか

 身体も不自由な動きにぐったりとする このけだるさ

 このけだるさが 快楽の名残。。また次へのステップ

終わることのない二人の快楽果てることのない快楽時間なんかいらない


リピート


 好きな事はもちろん何度でも繰り返されるのはいいものです

それが自分の苦手な場所をいじられたら 最初はいやだぁ

即座に撤退ヤメテ欲しい だけど これもまた不思議なもので

 何度も何度も繰り返されると それが癖になっちゃう

最初の身体のざわめきは快感へと 変わっていく して欲しい

 あんなに嫌がっていたのに なんで 今はそれが欲しいのか

それこそが単純に調教 身体に染みついてしまった癖なのかもしれない

やっかいな事にその癖は自分では 見過ごす気が付いてない場合もある

 だから いつもの 彼と違う人としちゃったら バレバレ

なぜなら 反応も次への身体の移動も癖から調教からだから

 何も知らない頃の私と今の癖のついた私は 別物

繰り返される愛撫で とろけるだすムースはここにいるの

 だから あなたもリピート 繰り返し愛して欲しい いつまでも

LiP唇


 好きな唇はキスされる方なら薄い唇で 自分から求めるなら厚い唇

どちらも美味しい唇には間違いがないんだけれど

 その感触が与える快感は用途別に して欲しいと思うほどかも

自分が厚い唇だから 薄い唇に求められたときの 吸い尽くされる感じ

厚い唇なら 官能的で肉のぶつかり合いは感情を超えて官能だけになる

 キスをするなら 好きだという感覚自分を保ちつつしたいから

官能の中でするキスだけ以上にフレンチな自分でいたいから

 キスだけで 感じさせないで いつでも好きでいたいから

快楽や官能は自分を壊すようで怖い・・・自分じゃないよぉ

 薄い唇は私を 受け身のたおやかな女でいさせてくれる

罠にかけて・・


 罠ならかかる方じゃなく罠を仕掛けてい それは誰しもが思うこと

だいぶ陳腐な言葉ではあるけど 恋の罠にかかってしまった

なんていうのもある 罠はいつでもそこら中に張り巡らされてるのでは

 間違いのない日常 逸脱しない日常なんかあり得ないから

いつも変わらない顔をしている環境が少しのずれで大きく反応も変わる

 パンが旨く焼けなく時間がかかってしまった朝食・・・

それによって 乗り過ごしてしまった電車。バス

 いつもなら使わないタクシー・・・すべては些細な日常の延長

でも ここに甘い罠 恋の罠が潜んでいるときもある

何気なく 待っているときの時間に隣をみれば好みの男だったり

 警戒心で声なんか掛けられても無視するのに たまたま返事したり

少しの日常のずれで 恋の罠にかかってしまう
 
 この罠がはずれる日はくるのだろうかぁ もしくは今自分は

 そこ ここに 罠を仕掛けてるんだろうか 存在そのものが罠

promise


朝起きてから寝るまで 約束事の中で生活 暮らしている

約束からはずれていくこと そのまま自堕落なこと

 駄目人間になっていくことを意味していくようだ

壊してみたい約束 起きたらおはよう♪ (〃ー〃)V メール

1日に一度はメール なくなったら 不安だろうなぁ・・・

守ることが前提の約束だから・・・でもね

 守れない可能性もあるからわざわざ約束するわけで

たまには 約束に縛られない自分であったり 自由な自分で

 いたいような 約束に心のよりどころを存在意義を

たくしたのはいつからなんだろう 縛られた自分は好きですか?

縛られたかったり 自由でいたかったり 私はわがままだぁ

ほくろ


 身体の一部として その存在感は 場所によっては嫌悪に・・

または その存在のために 惑わされたり より魅力的に思われたり

私的には 目尻のそばにほくろが・・寄り添うようにあると

 くらっときてしまう 色は濃く大きさは小さめ 位置は中心より

若干横にずれてて欲しいなぁ・・位置が鼻のほうにいってはだめ

  目に見られてるのか ほくろに見られてるのかわからない

感じがいいの たまに その存在を確認するようにさわってみたくなる

触ったら ただのほくろだと失望しちゃうときもあるし

 その一点だけで 身体全部を感じちゃうくらい 敏感なときもある

私の身体なら・・後ろの首筋にあるけど う~~ん

場所的には申し分ないけど 大きさがいけません 大きすぎ

 触れると感じるというレベルではなく ギバギバギバって感じで

手を払いのけたくなる これじゃ 色っぽくないからパスです

 ああぁ~ん・・自分でほくろの位置や大きさコントロールできたら

いいのになぁ~ そしたら 違う自分になれるのに・・・

 このほくろのために貞操観念は強くいられるのかも なんちゃって

輪郭とひげそり

 髭剃りの後のざらざら感が好きだなぁ・・・

濃い髭の人は朝と夕方で すでに 手触りが違ってくる

 朝 頬を寄せたときに 程よく感じ 夕方はその頬にざわつく

夕方にはその髭のために輪郭はさらにくっきりと浮き彫りにして

 更に大好きな顔が身近に感じる 傍に感じるあなたの顔を

ずっと眺めていたい 顔を両手で包み込んでこのまま手触りで

そのままその顔をこの胸に誘い ざわつく胸の内まで覗いて欲しい

 心の奥底で息づいていくその存在は 大きくなることはあれ

しぼむことがない まるで 夕方にはその存在を主張し続ける髭のよう

体中をその顔で髭で 想像してだけで いっちゃいそう

遊び心

 一人の人を思い続けるのって尊敬ですねぇ。。そんなこと出来るの?

難しいよねぇ だって 世の中は誘惑に満ちあふれてるんだもん

その中で 厳選した人としか付き合わない主義の人~

 そんなに自分の目が信じられるんでしょうかぁ?私なら出来ない

最初の印象があまり良くなくても もっと違う面を見たい

 隠れたところに魅力溢れたが有るんじゃないかと思うと

とても 興味をもたないでなんかいられない だからいつも

キョロキョロしちゃってる よそ見のしっぱなし おいそれとは

一人の人だけを見つめてなんか居られない だから 余計に

 強く縛り付ける魅力を持った人に会いたい 出会いたい

そのために無謀だったり浅はかだったりするけど それもこれも

すべてをひっくるめて私だから受け止める広さをもった人いないかなぁ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。